懸垂幕、のぼりなどの配色でインパクトのある色味とはどんな色ですか

のぼり情報ナビ

のぼりなどの色使いで悩んでいるというあなたへ。色の原則は暖色、目立つ配色は文字と一体で考えましょう。
のぼり情報ナビのメインイメージ
懸垂幕、のぼりなどの配色でインパクトのある色味とはどんな色ですか

ラーメン店に限らず、配色は店のイメージや客の入りを左右させます。

食の基本は暖色系ですが色だけではない気配りも大事。

基本をお話ししておきます。

◎激戦区なら目立つことが第一。

八王子はラーメンの激戦区です。

どこのエリアにも激戦区はありますが、のぼりの基本的な役割は目立たせることと、客を呼び込むことにあります。

ラーメン店のカラーは原則として暖色系の配色です。

赤、金赤、オレンジ、黄色~、これらの色をのぼりの基本色・ベースカラーにして、文字色を際立たせましょう。

黒・白、のぼりのベースカラーに使わなかった色が黄色なら、黄色を文字色に入れるのも基本です。

◎文字数や書体を効果的に使う。

文字の書体にも注意しましょう。

極太系のゴシックや明朝をメインのキャッチフレーズに使い、サブコピーには太系のひとまわり細くした字体を使います。

あまりたくさんの書体を使うと返って目立たなくなり、ゴチャゴチャになります。

のぼりなどのツールは簡潔で理解しやすいことが大命題です。

色と書体を絞って、その分、文字を大きくするなど、メリハリが付くように工夫すべきです。

◎ラーメン店のイメージカラーがあれば、それをのぼりなどに使って統一感を出すことも制作手法の1つです。

店のイメージカラーやオリジナルの書体(書き文字)があれば、それをのぼりに使っても効果的です。

ただし統一感や佇まいとのバランスを考えすぎると、逆に目立たなくなって“のぼり効果”が薄れます。

注意してください。

PICK UP
SITE MENU
PROFILE

はじめまして。三ツ瀬と申します。飲食店で働いており、のぼりの魅力を知り自分なりにまとめています。趣味:フラワーアレンジメント

メールはこちら