留学先をオーストラリアに決める訳

移民が多いと言われるオーストラリアは、バックグランドが違う2世や3世と言った方達が大勢います。

それ故、多くの異なった文化を共に分かち合う事が出来、当然世界中のグルメも楽しめるのです。

そんなオーストラリアの語学学校に学ぶべく、AIC等のエージェントの力を借りて留学する学生は50か国を超える世界中から集まっている程。

異文化に触れあい貴重な経験が可能なのはオーストラリア留学だからこそ。

そして大自然に恵まれ観光で訪れる方も沢山いて、教育や仕事に活気づいています。

豊富な資源と安心…これだけ暮らし易く寛大で優しさ溢れる国はそうありません。

ゴールドコーストやケアンズの海岸地域で生活するのも良いですが、メルボルンやシドニーみたいな英国文化が色濃く残っている欧州建立物の歴史深い所で過ごすのも良いですよ。

どちらを留学先としても充実した生活間違いなしと言える国なのがオーストラリアです。

英語に関してはオーストラリア映画は訛りがあると言われたりもしますが、どの国であっても特有の発音みたいなのは絶対あるもの。

オーストラリアの英語だけでなく、英国や米国もアクセントの独特さがあるものです。

英国人が最も癖のあるイントネーションと言えるでしょう。

訛りがあるというのは、昔の観念というであって、色々な国の人が集合している国においては沢山の国々の英語を聞いて判断するという訓練も出来るのです。

なので、一概に訛りを否定的な捉え方をせず、様々な国の英語を聞き取れる能力が身につくといった肯定的な捉え方でいるとより充実した留学生活が送れることと思いますよ。