懸垂幕、横断幕、のぼりなどの販促ツールは、広告効果が高いですか?

のぼり情報ナビ

のぼりなどの広告効果や制作の仕方について。文字の入れ方、配色の基本などを記述します。
のぼり情報ナビのメインイメージ
懸垂幕、横断幕、のぼりなどの販促ツールは、広告効果が高いですか?

懸垂幕、横断幕、のぼりなどの販促ツールは、店の客入りを助ける独特のツールで、DMなどとは役割が異なります。

活用法や制作の基本を考えましょう。

◎フラッピング効果で客寄せ効果バッチリ!

店舗演出や来場促進の最有力候補が、懸垂幕、横断幕、のぼりなどです。

DMは近隣の離れたところにいるユーザーを現地に誘導するためのツールですが、のぼりなどは店の前を通りかかる現地の客を誘導するものです。

とくにのぼりは“風にはためくフラッピング機能”があって、広告効果が高いとされています。

費用が安く、維持管理に手間がかからないなどの利点があります。

◎殺風景なやる気のない店から活気のある店へ。

「もしも店頭にのぼりがなかったら」ということを考えてみましょう。

店は看板だけの殺風景な佇まいとなり、客を引き寄せる要素が何もなくなってしまいます。

のぼりはその配色やキャッチフレーズの入れ方1つで客を呼び寄せる効果が倍増します。

文字数は極力少なめにして簡潔に。

ポイントとなるキーワードを前面に出しましょう。

サブコピー、メインのキャッチフレーズなど、限られたスペースの中でもメリハリが重要です。

◎文字数も色数も欲張らないことが、のぼり製作の第一条件。

何を伝えたいか、何が売りなのかをハッキリさせましょう。

のぼりは色数を増やしたから目立つ、文字数を増やしたから伝わるというものではありません。

店や施設のイメージカラーをメインに使って、配色でシズル感を演出します。

食の店なら暖色、夏向きの商品告知なら寒色が基本です。

●おすすめサイトご案内…のぼり制作応援情報

PICK UP
SITE MENU
PROFILE

はじめまして。三ツ瀬と申します。飲食店で働いており、のぼりの魅力を知り自分なりにまとめています。趣味:フラワーアレンジメント

メールはこちら